製品案内

生ゴミ処理システムディスポーザーシステム

生ゴミ処理を効率化します

ゴミ排出量は年々増加し、現在、自治体処理能力も限界になりつつあります。時代に向けて、早急なゴミの軽量化・リサイクル・有料化などの対策が求められています。今後、ゴミ減量化の声はますます高まるでしょう。生ゴミ処理システムは次代に向けて、生ゴミ処理の効率化を図る最適なシステムです。

ディスポーザーへ投入するだけ

ディスポーザーとバイオ処理槽で生ゴミを完全に分解・浄化し、生ゴミをきれいな水に変えて、下水道・合併浄化槽に流します。

独自の一貫責任体制

基本設計から施工・維持管理まで、一貫したシステムで対応いたします。

分解と浄化のしくみ

処理槽内のバクテリアが生ゴミを汚れた水に液状化させ、好気性菌がきれいな水に浄化処理します。しかも、ディスポーザーが生ゴミを微生物が食べやすいように粉砕化するので、炭酸ガス・窒素ガスと水に完全分解します。

液化分解槽のしくみ

槽内は嫌気状態となり、生ゴミ有機物の主成分であるタンパク質・脂肪・炭水化物などが酸生成菌と呼ばれるバクテリアの加水分解作用・脱アミノ作用などの酵素作用により酢酸・プロピオン酸・酪酸・アルデヒドおよびアルコールにまで液化分解されます。

好気ろ床槽のしくみ

好気ろ床には多孔質担体が充填されています。液化分解水は循環装置で繰り返し好気ろ床内を通過し浄化作用を受けます。

沈殿槽のしくみ

好気ろ床の剥離SSは重力沈降で分離され、上澄水を下水道に放流します。分離したSSは再び液化分解槽へ送り、バクテリアの分解作用と貯留を行います。

戸建て用まったくニオイのない清潔な生ゴミ処理システムです

台所流しにディスポーザーを取り付け、ディスポーザーからの粉砕生ごみ排水と台所で排出される排水とを、トラップを介し、自然流下によって屋外に設置される排水処理槽へ流出させ、浄化処理し、処理水を公共下水道または合併浄化槽へ放流します。

台所流しにディスポーザーを取り付け、ディスポーザーからの粉砕生ごみ排水と台所で排出される排水とを、トラップを介し、自然流下によって屋外に設置される排水処理槽へ流出させ、浄化処理し、処理水を公共下水道または合併浄化槽へ放流します。

ディスポーザー

家庭用のディスポーザーの基本構造は、円筒内壁に固定されたスリット状の固定刃と、モーターで回転するランナーに取り付けたハンマーで構成されます。操作方法は、毎分8リットル程度の水を流しながら、ディスポーザー内に生ゴミを投入しスイッチを入れます。生ゴミは水とともに回転し、可動式ハンマーにより側壁に押しつけられ、すりつぶされるようにして粉砕され、側壁やランナーの小穴から排水室に押し流され、排水トラップを経て排水管に排水されます。

集合住宅用これからのマンション販売の決め手になります

ディスポーザーを全戸に設置し、別系統の専用排水管を使って屋外の共同処理槽へ。
『集合住宅用リウォーター』は、入居者が感じる生ゴミの悩みを一挙に解決し、マンションの販売促進に貢献します。

こんな、メリットがあります

ゴミ出しがなくなる。

重いゴミを出すときの階段の登り降りはつらいものです。特にお年寄りや天候の悪いときには大変です。

エレベーターにニオイがこもらない。

生ゴミを運ぶときに汚汁が垂れたりエレベーターの中に臭いがこもったりしてイヤなものです。

集積場所がキレイに。

犬・猫やカラスなどに、ゴミ集積場所を散らかされたりしていませんか。また虫がわいたりして衛生面でも困りものです。

ニオイがなくなる。

戸建てと違い、自分の生活スペースに生ゴミを置いておかなくてはいけない集合住宅は臭いの処理が大変です。